ハルマゲドンの大峠 ノストラダムス予言研究家ザール隊長

日月神示:春マケ、夏マケ、秋マケ、冬マケてハルマゲドンとなるのざぞ、早う改心せんとハルマゲドンの大峠越せんことになるぞ。 日月神示を参考にノストラダムスの予言を研究しています。2016年から2025年までは正念場のときです。2023年、北海道の長雨から日本はいよいよ厳しい状況となります。2024年は北日本と首都直下の大地震があるようです。北海道・東北・関東はほぼ間違いなく住めなくなくなりますね。国民は淘汰され、3500万人ほどになるようです。日月神示では掃除・洗濯・身魂磨き・改心という言葉が頻繁に使われています。カルマの浄化が大切です。 日月神示に関しては中矢伸一さんの著書などから転載した記事もあるので読んでいただければ幸いです。

カテゴリ: 経済より大切/D・ラマ、池上彰

はじめに  ―私たちの世代の矛盾―

大きな家にすめるようになったのに、家族は減ってしまった。
便利にはなったけれど、時間に追われている。
立派な学位を持てても、分別を失い、
知識は増えても、判断力は鈍ってしまった。
専門家と呼ばれる人は多くても、問題は増え続け
薬はたくさんできたのに、不健康になっている

月に行くことができるようになっても、
通りを渡って新しい隣人に挨拶することには苦労している。

情報を集積するコンピューターを大量に生産し、
製品を沢山作ることはできても、
コミニュケーションはうまくとれない。
大量の商品を作ることができても、品質は下がる一方だ。

ファーストフードで時間を節約しても、消化する力は衰え、
立派な身体」であっても、心は貧しい。
急激な利益を得ても、うわべだけの人間関係になってしまった。

外から見ると豊かであっても、中身は空っぽ。
そんな時代である。
            
                                  ダライ・ラマ14世 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                    
                The Paradox of our age
            His Holiness the 14th Dalai Lame

                       We have bigger houses but smaller families;
                              more conveniences,but less time;
                           We have more degrees,but less sense;
                              more knowledge,but less judgment;
                               more experts,but more problems;
                              more medicines,but less healthiness.

                        We've been all the way to the moon and back,
                             but we have trouble crossing the street
                                  to meet the  new neighbour.

                          We built more computers to hold more
                     infomation to produce more copies than ever,
                              but we have less commhnication;
                              We have decome long on quantity,
                              but short on quality.

                       These are time of fast food but sloe  digestion;
                                Tall man but short character;
                             steep profits,but shallow relationships.

                        It's a time when there is much in the window,
                                       butnothing in the room.

_______________________________________________________________________________________________________________


イメージ 1イメージ 2







出典:『これからの日本、経済より大切なこと』池上彰、ダライ・ラマ14世 飛鳥新社 2013.11

・あくなき欲望が不満を生む

快適さや経済的な成長はひたすら欲求不満を生み出すばかりなのだ、諸悪の真の根源とは、実は私たちのあくなき欲望なのだということ。
それは、ただ一人ひとりの個別な経験によってのみ、知ることがでいるのです。

・お金が最も重要になった

工業、商業、流通によって、お金が、私たちがすでに語り合ったあの紙切れが、私たちの人生の最も重要な部分を占めるようになってしまったし、おかげで私たちはすっかり弱い存在になっています。
私はそこに、現在の経済システムには一つの深刻な欠点があるという兆候をはっきりと見出します。
こういう状況だから、アメリカ経済がくしゃみをすれば、世界中が風邪をひいてしまうんです。これが、私たちが今ある現状なんです!

・経済を人間らしくする

そのうちに経済システムそのものがついには危機を迎えることになります。
経済を「人間らしく」することこそ重要だ、と私は思います。だからこそ、世界全体を来るべき数十年を視野に入れて考えようではありませんか。
金融や商業に関わるに人々の誰もが、自分の責任に目覚めていなければいけませんし、他者への思いやりに基づいて、世界全体の幸福のために思考していかなければなりません。

・厄災を生む経済システム


この数十年の間、たくさんの科学者たちが、核の研究に参加しました。はじめ、科学者たちはおそらく、原子爆弾をつくるつもりもなければ、多くの罪のない命を奪うつもりもなかったのでしょう。しかし、それこそが、彼らの研究のもたらしたまぎれもない結果なのです。
同じように、現在の経済システムも深刻な厄災を次々と生み出している、と私は思っています。私たちは、また同じ過ちを繰り返そうとしているのです・・・・・・。わかりますか?


イメージ 1イメージ 2







出典:『これからの日本、経済より大切なこと』 池上彰、ダライ・ラマ14世 飛鳥新社 2013.11 

前回:< 経済について PART1 > 『これからの日本、経済より大切なこと』 ダライ・ラマ14世

・経済成長の限界

何年も前、日本の経済低迷し続けていた頃、私は皆さんにお話ししました。経済成長には限界がある、と。遅かれ早かれ、経済はそれ以上の成長が望めないところに達します。それは、今あなたがおっしゃた通りなのです。
日本のみならず、世界全体の経済も難しい状況に直面しており、それも日本経済に非常に大きな影響を与えています。しかし、この経済危機もまた、ある部分では私たち人間のものの考え方に関連していると私は思います。
全体的なものの考え方をすることができないため、その場限りの利益を追求することしか考えず、長い目で見るとどういう結果になるのかということを考えていないのです。こういうことはできるだけ避ければなりません。

・心の豊かさを重視する

日本はアジアで最も経済発展や産業発展が進んだ国ですし、非常に裕福で進歩的な生活を送っています。民主主義がきちんと機能していて、自由な言論が保証されている国家という意味でも、諸外国から信頼が篤いところでしょう。
しかしこの間、精神や心の豊かさは、経済や産業ほど重視されてこなかったように思います。これは日本に限らず他の先進国にも共通の話題です。
性能のいいコンピューターを作れば生活は便利になりますが、心は穏やかになるということはありません。日本のカメラも大変性能がよく、体内を映す医療カメラまで発明されていますが、それでも心の状態を映し出すことはできません。

・欲望の果ての歪み

今もEUで金融危機が起き、ヨーロッパだけでなく世界全体を巻き込む事態になっています。これも元をたどれば、凄まじい欲望の果てに生まれた巨大経済システムの歪みではないでしょうか。
おおよそ普通の生活で必要のない巨額のお金を動かし、財産を少しでも増やそうと目の色を変えている。その背景には、お金があれば欲望は何でも満たされる。より深い幸福感が待っている、そんな呪縛があるのです。
そうやって一部に莫大な財産が集められれば、貧富の差も広がります。こんな豊かな世界がある一方で、食べるのに困って餓死する人がいるというのは、本当におかしなことでしょう。
まさに欲望に駆り立てられた社会の腐敗、人間の堕落の象徴ではないでしょうか。

・経済の繁栄と心の平和

商売をしたり、発展させてはいけないと言うわけではありません。経済的成功はよいことです。自分にとって、他人にとって社会にとってよいことです。
しかし経済は、人間の価値を犠牲にして繁栄すべきではありません。公正な行ないにとどまるべきであって、利益のために内面の平和を犠牲にしてはなりません。


イメージ 1イメージ 2









出典:『これからの日本、経済より大切なこと』池上彰、ダライ・ラマ14世 飛鳥新社 2013.
11

・恵まれいても欲求不満

二十世紀という世紀は、ほんの三世代にすぎませんが、人類の歴史全体からみても、驚くような速度で次々とさまざまな事件が起こりました。何か大切なものが欠けているんではないか、と気づいている人は、どんどん増えています。
一般的にいって、大きな経済発展を遂げた先進国に、よりこうした意識が広がっているようです。こうした国の人々は物質的に恵まれてとても快適に暮らしているのですが、精神的な欲求不満を抱えています。

・自滅と崩壊への道

いくら欲望が満たされても本当の「幸せ」にはたどり着けない。それはもう二十世紀に歴史が証明してくれました。
欲望を追及し、人と争い、挙句の果てには戦争まで起こしても、私たちは幸せになるどころかますます苦しくなり、世界は最も悲惨な姿になってしまった。欲望を追及した先は、幸せどころか自滅と崩壊の道につながっていったのです。
二十一世紀を生きる私たちはこの失敗を認め、誤った認識を正していかなくてはいけません。これまで当たり前だと思っていた価値観を見直し、平和な世界を築く必要があります。それはこの地球に住む全ての人間の責任なのです。

・社会主義の有効性

二十世紀の初めには、マルクスやレーニンの信奉者たちが、全体主義的な体制によって人類を変えることができると信じていました。今ではその考えが誤りだったことは、誰もが認めています。
それから、ある人々は、社会主義が人間の抱える問題の全てを解決するのに一番よい方法だと考えていましたが、これもまた、すでにうまくいかなくなってますね。
個人的には社会主義の有効性についてはまだ信じているところがありますが、ソビエト連邦の崩壊はマルクス主義の崩壊ではなく、マルクス主義的全体主義体制の崩壊です。


・財産で苦しみは減らない

チベット―そこは昔から物質的にはひどく貧しい国でした―から外の先進国を見ていたとき、事実私は、財産が苦しみを大きく減らしてくれるのではないかと考えていました。財産の力を過大評価していたのです。
また、進んだ産業国家に暮らしている人のほとんどは、もっと厳しい状況下に暮らしている人よりも肉体的な苦しみがずっと少ないのだから、それだけ簡単に幸せをつかめるだろうと思っていました。けれども実際には科学やテクノロジーの驚くべき発達も、ほとんど数字の上での進歩にしかなっていないようです。たいていの場合、進歩の度合いを測るものと言えば、どれだけ都市が増え、そこにどれだけ立派な家が建ち、その間をどれだけ自動車が走っているかを示す数字だけなのです。もちろん、ある腫の苦しみは減っています。確かに一部の病気などはなくなりました。けれども、あらゆる苦しみが減ったわけではないと私には思えるのです。


イメージ 1イメージ 2








出典:『これからの日本、経済より大切なこと』池上彰、ダライ・ラマ14世 飛鳥新社 2013.11 

↑このページのトップヘ