気象庁の発表によると27日午前9時11分ごろ、日向灘(北緯32.2度、東経132.2度)を震源とした深さはごく浅い、マグニチュード5.4の地震が発生しました。宮崎市霧島や熊本県宇城市小川町、大分県佐伯市などで震度3を観測したほか、九州の各県で震度2から1を観測しています。この地震による津波の心配はありませんでしたが、揺れは広範囲に渡っており、遠くは山口県でも震度1を観測しています。
また、この地震のおよそ30分後の午前9時40分にも同じ震源でマグニチュード4.2の地震を観測しています。
 さらに、同27日15時38分にも宮崎県延岡市で震度4の地震が発生。震源地は朝の2回と同じ場所で、朝9時台に発生した時と同じマグニチュード5.4、震源の深さは10kmと発表されました。この地震は朝よりも広範囲で揺れた模様です。(3月28日・まぐまぐニュースより抜粋)

 5月10日午前8時48分ごろ、宮崎県の宮崎市と都城市で震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源地は日向灘で深さ約25キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・3と推定される。近畿、中四国、九州の広範囲で震度1~4の揺れを観測した。宮崎、高知両県の沿岸で若干の海面変動が予想されたが、被害はなかった。この地震の前後にも、日向灘を震源地とする地震が相次いだ。(5月10日・日刊スポーツより抜粋)

<専門家「今回は前震の可能性も」宮崎市で震度5弱の影響>
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00010002-mrt-l45
京都大学・地震予知センター:山下裕亮助教授
今回の地震の震源域は1996年10月にM6.9の地震が起こってい場所とほぼ同じ場所。この場所は1931年・61年・96年とだいたい30年間隔で地震が起こっている。今回の地震はM7クラスの地震より一回り小さいM6.3の地震で、この地震が前震である可能性がまだ捨てきれない。この後、本震がやってくる可能性もあると考えている。

イメージ 2
ビートたけしのテレビタックル<巨大地震はいつ来るのか?> 2014年7月14日放映

動画(7分):https://www.youtube.com/watch?v=wGf7pJ4xg94                
      
●空白域とは周辺では大きな地震が起きているにもかかわらず、ある一帯だけ地震が発生していない“無振地帯”のことは「空白域(地震空白域)」と呼ぶ。本来なら起こってもおかしくない地震が間起きていないということは、それだけ「ひずみ」が蓄積された危険なエリアであるということだ。


イメージ 1

●警戒すべき日本近海の海溝型地震
①北海道東方沖地震 ②青森県東方沖地震 ③伊豆諸島沖地震
④日向灘南部沖地震 ⑤奄美諸島沖地震 ⑥八重山諸島地震

転載:『緊急図解 次に備えっておくべき「噴火」と「大地震」の危険地図』 木村 政昭 2015/9/2